予防歯科治療メンテナンスで虫歯予防

予防治療とは

虫歯や歯周病は、私たちにとって身近な疾患でありますが、病因が十分に解明されたのは最近のことです。

患者様個人の病気に対するリスク(かかりやすさ)を診断し、そのリスクをコントロ-ルすることにより 、
効果的な予防治療が可能となりました。

1. 問診(生活習慣を中心としてお聞きします)
2. 唾液検査(細菌の数や唾液の質、量を検査します)
3. 食生活チャ-トの記入(3日分の食事状況を調査します)
4. 科学的根拠に基づいたデ-タにより患者様が実行しやすい効果的な予防法をご提案します。

むし歯の原因は主に3つ。これらを上手にコントロールできればむし歯は予防できます。
原因が違えば、予防法も違います。むし歯の原因の組み合わせは人それぞれです。
毎日歯磨きをしていてもむし歯になる人とならない人がいるのはそのためです。

 

唾液検査と理想的な虫歯予防プログラム

唾液検査の方法
1. 患者様に5分間ガムを噛んでいただきます。
2. 唾液の量を計ります。
3. 唾液の質(PH・緩衝能)を調べます。
4. 数日の培養により細菌の数、種類を調べます。
5. 後日患者様のリスクをレ-ダ-チャ-トにしてお渡しします。検査時間は約30分程度です。

唾液検査キット

唾液検査キット

ト-タルケア

毎日しっかりと歯磨きをされていても、知らぬうちに磨きづらいところには汚れが溜まってしまいます。
また歯肉縁下といわれる歯肉の中の汚れは、ホ-ムケア-のみでは除去しきれません。
この歯の汚れはバイオフィルムを形成し、歯の表面に強固に付着しています。
エッセンシャルクリ-ニングとPMTCでバイオフィルムをお口の中から取り除き、
仕上げにフッ化物ペ-ストの塗布により歯質を強化します。
特にインプラント治療をお受けになった患者様にはプロフェッショナルケア-は必須です。

バイオフィルム

虫歯や歯周病の原因となる細菌を多く含む膜のことで、唾液作用としての歯を守る力を阻害したり、
薬用成分をもつ歯磨き粉の効力を完全に遮断してしまい、
バイオフィルムの下では細菌が増殖し続けます。

歯のメインテナンストリ-トメント

1.  エッセンシャルクリ-ニング(歯科衛生士による技術者磨き)
2.  PMTC(バイオフィルムの破壊)
3.  フッソ塗布

PMCTとは?

むし歯や歯周病の原因にプラークがあります。歯間や歯と歯の境目、
歯並びの悪いところなどは毎日、毎食後きちんとブラッシングしても完全に落とすことはできません。
そこで自分自身のブラッシングに加えて、歯医者での定期的な口腔内の掃除が必要です。
これがPMTCです。

 

お問い合わせ

【電話】029-296-4182

クリニックカレンダー

2019年 9月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日